生卵が気持ち悪くて苦手な人でも食べれる解決策!北海道の養鶏場が解説します

生卵の臭いやどろっとした食感が気持ち悪くて苦手…。

加熱調理された卵料理は食べれても、生卵が苦手という方は多くいらっしゃいます。

しかし、日本では生卵を使った料理が意外にもたくさんあり、どうにか美味しく食べられないかと悩むものです。

そこでこの記事では、生卵がおいしく食べられるようになるための方法をご紹介します。

きっと生卵が好きになり、卵そのものがもっと好きになるはずです!

生卵を取り入れることに抵抗を感じていた方も、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

生卵が気持ち悪くて苦手な理由

生卵が気持ち悪くて苦手な理由

生卵が気持ち悪く、苦手と感じてしまう理由は人それぞれ。ここでは、生卵が苦手に感じてしまう例をご紹介します。

白身のどろっとした食感

生卵の白身が苦手という方は多くいます。白身のどろっとした独特の食感が苦手で、加熱しないと食べるのに抵抗があります。生卵を割った瞬間、そのもったりとした質感が感じられ、これが食べるのを避けてしまう原因になってしまいます。

白身の臭い

生卵が苦手という方の中には、あの独特な臭いが原因という方もいます。

臭いの原因となるのは、エサの魚粉やトリメチルアミンによるもの。実はこの成分、鶏の体内で無臭化されるものの、一部の鶏には無臭化することが苦手な子もいて、その臭いが残ってしまうことがあるようです。

ただ、最近の卵は生臭みが少ないものが多いです。それは、木酢液や乳酸菌などを与えることで、鶏の腸内環境を整えているためです。

卵の臭いや味は、鶏のエサや飼育環境によって大きく左右されます。実際に養鶏場で与えられているエサについて、こちらの記事も読んでみてくださいね。

生の状態で食べるのが不安

生の状態で卵を食べることに対する健康上の不安から、抵抗感を感じていることも理由の一つです。

生卵にはサルモネラなどの細菌が含まれている可能性があり、これらの細菌による食中毒のリスクがあるため、一部の人々は生卵を食べることを避けています。

加熱調理を経ていない生卵は、健康に対する懸念があるため、食べるのが不安と感じる人もいます。

生卵が苦手な人でも好きになる方法

生卵が苦手な人でも好きになる方法

生卵を食べるシチュエーションは意外と限られています。卵かけご飯にしたり、すき焼きのときにつけたり…。

そんな時だからこそ、生卵を美味しく食べたいですよね。

ここでは、生卵を美味しく食べる方法を3つご紹介します!

白身をしっかり混ぜる

生卵の白身の食感が苦手という方は、白身をしっかり混ぜてみましょう!

黄身と白身を分けて、白身には塩をひとつまみ。ツノが立つくらいに泡立てると、白身のどろっとした食感はなくなります。

しっかり混ぜた白身をご飯にのせると、ふわふわした卵かけご飯が食べられますよ。

薬味を混ぜて食べる

生卵の食感や臭いが苦手という方は、薬味を混ぜて食べるのもおすすめ。

鰹節や刻み海苔などと一緒に食べると、食感も変わり、香りも豊かになり、満足度も上がることでしょう。

鶏のエサにこだわった卵を選ぶ

卵を生で食べるシーンは、卵かけご飯が多いと思います。卵の味によって旨みが全然変わってくるので、美味しくて、臭くなく、生でも安心して食べれる卵を使いたいところです。

そんなときに試していただきたいのが、大熊養鶏場の「かっぱの健卵」

かっぱの健卵は、北海道比布町(ぴっぷ)にある大熊養鶏場が生産している卵です。

大熊養鶏場のニワトリは高床式のケージ飼いです。

常においしい水がたっぷり飲める環境を与え、完璧な温度・湿度管理が行なわれています。

フン回収ベルトも完備されているので衛生環境も申し分ありません。

また、鶏のエサとなる飼料にもこだわり、化学物質や毒素になる原料を徹底的に排除して鶏の健康向上に取り組んでいます。

さらには、比布町のふるさと納税の返礼品としても採用されている人気の高い卵として全国で食べられています。

味の違いがはっきりとでる卵かけご飯で食べてみてくださいね!

大熊養鶏場「かっぱの健卵」のこだわりを見てみる  公式オンラインストア

北海道産「かっぱの健卵」で卵かけご飯を試してみて!

生卵の食感や臭いが苦手でも、しっかり混ぜて薬味を足したりすることで、美味しく食べることができます。

ただ、それだけではなく、卵そのものの違いによっても味や香りが変わります。

卵を産む鶏の飼育環境やエサなどによって、卵の味・香り・大きさ・殻の硬さなどが全然違ってくる。これが面白いんです。

毎日食べるものだから品質にこだわりたい。 子供たちにも安心安全なものを食べてもらいたい。

大熊養鶏場は元気なニワトリたちに最高の卵を産んでもらうため、飼育環境やエサにこだわっています。

健康な卵は健康なニワトリから!そんな元気な鶏たちから産まれた卵は、プリッとしていてクセがなく、今まで卵を食べられなかったのに、食べられた!といううれしい声もいただいております。

「かっぱの健卵」を求めて、遠方から車で1時間以上もかけて、自販機で買われる方もいるほどです。

そんな「かっぱの健卵」を、味の違いがはっきりとでる卵かけご飯で食べてみてくださいね!

大熊養鶏場「かっぱの健卵」のこだわりを見てみる  公式オンラインストア

お気軽にお問い合わせください

購入に際しての疑問や相談、ご不安などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
メディア取材のご相談もお受けしております。

お問い合わせフォームはこちら